FC2ブログ
 
■プロフィール

崖っぷちのK

Author:崖っぷちのK
アメブロから引っ越そうかなぁと思っている今日この頃です。
当面連動させてみます。

■最新記事
■あしあとツール

コメントめんどくさい人は足跡だけでも……

■ランキング

良いじゃん!と感じたら押してやってください。

しかし、こういうの上位だと何か良い事あるんすか?

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■Admin
悩めるおねいさん
 東京K坊主「悩めるおねいさん」


 私が勤務していた東京支店は、むさいオッサン上司とパートのおばちゃんしか居なく、若者が求める「ろまんちっくな出会い」なんて1ミリたりとも有りませんでした。

 しかし、今もあるかどうか知りませんが取引先に、結構大手の旅行会社でいわゆる「統括リーダー」的立場の女性が居ました。
 しかも彼女は当時の私と同い年、なのに毅然としたその雰囲気は「キャリアウーマン」そのものだったのです。
 同い年でも彼女にはタメ口で話すことはできず、弟分的な位置でいつも接していたのです。

 ちょうど昼食時にさしかかろうとして、茅場町にある彼女のオフィスに向かったら、一人で彼女が出てきました。

「あれ、Tさん(彼女の苗字)、どっか行くンスか?」
「うん、、独り寂しくランチってとこ」
「ちょうどいいや、オレも昼飯まだやから、なんなら一緒に行きません?」
 こんな感じで彼女とちょくちょくランチを共にすることが多くなりました。

 そんなこんなで、東京では全く女っ気が無かった私にとっては、唯一の同世代の女友達レベルまでの付き合いになっていったのです。
 まあ全く下心など無い、健全な友達付き合いだったのですけどね。

 ある日、彼女から連絡が来て
「ちょっと相談にのってほしい、できれば早いほうがいい」
と、電話越しでも解るような真剣な口調で言ってきたため、ちょいと静かな小洒落たバーで会うことにした。

 事の内容は
「今の彼氏と結婚して退職しようか、それとも別れて仕事を続けるか」
ということだった、ふむ、、、

 ここで私は、未だに忘れる事の無い、我ながら超キザなアドバイスをしてみた。

「Tさんの詳しい事情は解らない、けど、10年先の自分を考えてみてよな、その時の「幸せ」な状態を創るため、「今、それに向かえ想像できる将来への行動」を選べば良いと思うぜ」

 それから数ヵ月後、Tさんは退職していった。
 その直後、同じく東京を退職して岐阜に都落ちした実家にTさんから「結婚しました!」という葉書が届いた。

 そしてその片隅に、彼女の手書きで
「私は家庭や子供を持つ幸せを選んだよ、Kさんもがんばってね、ありがとう」
と書かれていました。

 キザなカッコツケなことが大の苦手だった私なのに、意外とマトモなカッコイイこと言ってたんだな、てか、何か青春ドラマみたいやん!
 などとしばらく自己陶酔に浸っておりました。

 若かりしころの、ほんのちょっと大人びた青春の出来事でした。
 彼女も今や46才か、どう過ごしているかナァ。。。


  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 岐阜県情報へ




スポンサーサイト
東京K坊主 | 13:34:58 | トラックバック(0) | コメント(0)
自分が第一です
 水泳の若い選手が白血病という深刻な病に罹ってしまった件にて思う事がありますので書き記してみようと思います、どうもお久しぶりです。

 冒頭に私の心からの本音コメントを記します。
「周りのことなど気にせずに、絶対最優先で自分の身体の事だけ考えて生きてください」

 ガンを経験した私にとって、その病に直面すると、考えなくても良い余計な事や恐ろしい事などいろいろ考えてしまいます。

 周りの人々が心配して頂けるのは非常に心強く有難いものです。
 が、ふと我に返ると、
「アンタ達はいいよな、なんで俺だけこんな目に遭わなきゃいけねえんだ・・・・・・」
という、僻んだココロに苛まれるのです。

 決して悪意は無いのです、むしろ心配してくれる事に感謝すべきなのです、なのに解っているのですが、結果、こんな気持ちになってしまう心の影は、おそらく罹患した人しか解らないと思います。 

 白血病が完全寛解する、、、という意味と、その過程を知る者として「早く治してまた復帰して!」という無責任な励ましはできません、あくまで私はね。

 ただ冒頭のとおり、どうか自分を見失わず生きてもらいたいのです。

 今まで一生懸命やってきた事が、病のせいで止まってしまう悔しさは、きっと私のような庶民では計り知れないほどのものだと思います。
 でもハッキリ言いますが、こうなってしまった今、もうオリンピックとかどーでもいいのです。
 とにかく、自分の身体、生命のことだけを考えて、どうか、どうか心を強く持って病と闘い、克ってほしい。

 岐阜市の片隅からおっさんがエールを贈ります。



  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 岐阜県情報へ


つれづれ | 20:38:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
ひたすら孤独に恐怖する
東京K坊主1997 「ひたすら孤独に恐怖する」

 新潟出張した時に、一箇所、どーも空気が何というか「生乾き」みたいな変な場所がありました。
 東京の事務所に帰り、何とも身体が重く感じ、コレは風邪やられたナァと確信し、気合で乗り越えようと栄養ドリンクの類をドッサリ買ってアパートに帰りました。
 そしたらそのあくる日、身体が燃えるような熱さで目が覚めた。
 栄養ドリンクってこんなにも効果が有るものなのか!?
 それにしては何か様子がヘンだ、部屋が回って見える、体温計どれどれ、、「39.6℃」

 ななな、なんじゃコレは! ヤバイ、これはただの風邪じゃねえ!
 おそらく「インフルエンザ」だ! なんてこったい!

 医者に行かないと、、、待て、今までここ東京で医者などかかったことが無いから、どこに医者が在るのか判らん。。
 でも探して近所の医者に行かなければ、、
 アレ? あかん、フラフラする、、、ま、まずい、コレはまずい、、 

 会社の人らは仕事中だし、気軽に頼れるヒトも近所に居ない、アパートの住人なんて顔も見た事が無い知らん人ばかり。
 全く動けない、コレはマジでヤバイ。

 メシ・・・・・・そもそも作り置きなんて有るはずが無い。
 フラフラなので何も買いに行くこともできない・・・・・・
 仕方が無いので昨夜買った栄養ドリンクで済ます。

 真剣に思いました。「オレ、このまま酷くなって気失ったら、誰にも気づかれずに死ぬんかなぁ・・・」と。
 今でもこのジワジワと心の底から感じた生命の恐怖を忘れません、天井見つめたまま心細さで涙出てくるなんて初めての経験でしたよ。

 幸いにして酷い熱はその日がピークだったので、次の日は何とか近所の内科を探して自転車にもたれながら行きましたよ。。
 しかしなぜかその時は「インフルエンザ」ではありませんでした。

 良かったんだか何だかわかんないですけど、独り暮らしの恐ろしさをまざまざと感じた出来事でした。。。



  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 岐阜県情報へ






東京K坊主 | 19:46:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
JR Superconducting Magnetic Levitation Railway
 「まぐれぶ」とは「磁気浮上」の略称で、「超電導リニア」とも呼称されます、正式な名称はタイトルの如くクソ難しい英単語です。
 てなわけで前回の続き。
*****

 初期型の先頭が丸い新幹線車両しか乗ったことが無いのに、日本に走る数々のナウい列車飛び越えて、いきなりリニアに乗るなんて物凄い事だと思う私ですが、当の父親本人は、その辺のロープウェイにでも乗りに来たかのようなお気楽モード。
 挙句の果ては、見学センターで目の前を超高速で猛烈な音を立てて走り抜けるリニアに興奮する私を見て、「子供みたいやな」と呆れられる始末。
 ええアンタの子供です、悪いか。

 搭乗口は飛行機さながらのゲートになっており、完全に磁力をシャットアウトする構造になってます。

 車内に入り指定された席に着く。
 試験車両なのでシート自体は古くさい新幹線と同じような簡素なものだが、どこか「未来の列車」感がひしひしと感じられ、心の中ですげーすげーと叫ぶ私だが、父は開口一番「小さい窓やなぁ」とボソり、、
頼むからもっと他の事に感動してくれ。

 そして発車し、みるみるうちに速度が上がって、時速160キロで車輪走行から磁気浮上走行に変わり、それまでの車輪の音がフッと消えるので、完全に浮上していることが判ります。
 おお・・・これが、リニア、磁気浮上なのか、、
 ここにきてさすがの父も周りの人々と同じように感嘆している、うむうむ。

 時速300km、400kmと、どんどん加速していく。
 400km超えたあたりから、未知の速度になんか怖くなってきた。
 そして時速500km、おおお・・・・・・!

 車内はなんと言うか、独特のモーター音が重く静かに響きわたり、風を切る音と、トンネル照明ライトが物凄い勢いで過ぎ去っていくため、その超高速さがハッキリ判ります。
 ちょっとトンネル出たら景色を確認する間もなくすぐにトンネル。
 まー、完成したら9割はトンネルだそうだから、ゆっくり景色を楽しむような列車じゃ無いんだな。
 しかしスゴイなあ、日本の技術って・・・なんか誇らしい気分ですよ。

 42キロの実験線を1往復半、約30分の体験乗車でした。
 降車して父に問う
「どーよ、未来の乗り物の感想は?」
さぞや感動してるであろうと思われた、が、
「景色、全く見えんかったなぁ」
そこですかアンタ!!

 ともあれ、まあ私としては旅好きな父に少しは孝行できたかな、と。
 名古屋から品川が開通するのは2027年、あと8年後。
 それまで元気で居てくれよな、、と願う46歳息子です。

 長文お読みいただき有難うございました。

   にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 岐阜県情報へ


旅のキオク | 19:35:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
まぐれぶ
 鉄道大好きな私は、未だに新幹線とか見ると少年の心に戻ってワクワクしてしまいます。
 特に岐阜羽島駅周辺では、少しの区間、名神高速道路と東海道新幹線が併走するところが有るため、タイミング良く新幹線列車が走ってくると思わず競争したくなります。

 まあ物理的にも法令的にも「のぞみ」に勝ったらお巡りさんに鉄道じゃないキップ切られるハメになりますけどねー

 私の旅好き、鉄道好きは父親譲りです。
 父の家系はずーっと国鉄職員で、親父自身も数年国鉄で働いていたことがあるのです。
 辞めた理由は
「一人で貨物列車の一番後ろの車掌室に居るのが怖いのなんの」
だそうです。
 子供心に、なんつう情けないヒトだと憐みすら感じてしまいまして。

 ゴホン、まあそんなヒトですが旅好きは変わらず、いろんなとこに連れて行ってもらいました。
 ただ、新幹線列車は初代の、先頭が丸い、開業当時の一番旧い型の「ひかり号」しか乗った事がありません。

 なので、何とかイマドキの、進化した列車に乗せてやれないかなぁといろいろ考えては、懸賞などに応募してみたりしたのです、、、

 そしたら、当たったんです、時期は伏せますがひかり号なんて目じゃない列車が。。。

 それは、山梨に有る「中央新幹線」試験線。
 リニア実験線でのリニア体験乗車に当たったんです!
 倍率124倍?だかに、私と親父の名前でコツコツ応募してたのが、ついに3年越しで当選したのです。

 これは丁度良い、こんなこと言っては何だが、本物のリニアが開通するまでまだだいぶ時間がかかる。
 できれば健常なうちに未来列車を体験させてやろう、うん、スッゲー親孝行してるやんオレ!

 と、自惚れ甚だしいですが、本音は私が一番喜んでいて、家族からは、なんでパパだけ!と大ブーイング、そら当然ですわな。。。

「これはな、おじいちゃんが生きてるうちに、どーしても体験させてやりたいんだ、君らは開通したら乗れるチャンスがあるけど、おじーちゃんはその時は乗れないかもしれん、だから、解ってくれい」
と、浪花節さながらのお願いをして、今回は収めてもらいました。

 ・・・しかし後日語りますが、世の中には「奇跡」ってのはあります。
 私はくじ運が無いと思ってましたけど、結局はその後家族で乗れることになったのです。
 つまり私は2回連続でリニア体験乗車をしたということです。

 まあそれはおいといて、とにかくこの上ない親孝行の機会だと、年老いた親父と共に、山梨県リニア実験センターへ向かいました。

すみません続きます


  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 岐阜県情報へ


旅のキオク | 20:32:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad