FC2ブログ
 
■プロフィール

崖っぷちのK

Author:崖っぷちのK
アメブロから引っ越そうかなぁと思っている今日この頃です。
当面連動させてみます。

■最新記事
■あしあとツール

コメントめんどくさい人は足跡だけでも……

■ランキング

良いじゃん!と感じたら押してやってください。

しかし、こういうの上位だと何か良い事あるんすか?

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■Admin
家族 2
 先日起きた、自分の息子を殺めた元偉い人の事件について思う事ありきなので記します。
 もうこの手の話でこの文言使うの嫌です、ホント嫌なのです、けど使わざるを得ない気持ち察してください。。

 綺麗事抜きで私の率直な心情を言います。

 この元偉い人は、親としての責任感を最悪の形で出してしまった。
 けど同じ立場だったら、先日起きた川崎の事件を鑑み、同じ危険を含む状態を察し、私は同じ選択をすると思うのです。
 自分も生涯重い十字架を背負うことを覚悟の上、放蕩息子に対して最期の最期までキッチリ親としての責任を果たしてやったんだ。

 くれぐれも言っておきますが、人を殺める事は絶対絶対肯定しませんし、どんなクズでも命を取っていいなどと言うつもりは絶対にありません。
 先述の通り、親の責任としてこういう形になってしまったのであり、彼は思い悩んだ末、こうするしか無かったのでしょう。 

 ジンケン屋さんや綺麗事好きな人とかは
 「それでも命はどーのこーの、相談するべきどーのこーの」
と、必ず申される。

 だからそういう人らに敢えて問いたい。
「相談すればあんたらも一緒になって解決してくれるのか??」
とね。

 甘やかされて育ったボンボンだったのだろう。
 きっとどんな問題起こしても「パパが何とかしてくれる~」と、ガキの頃からスネ夫の100倍くらいゆがんだ性格だったのだろう。

 「そのように育ててしまった親にも責任がある」と世間は言う。
 だから自分の生涯をかけて責任取ったじゃないか、と私は思う。

 直近に川崎の事件があったばかりだ、あのような悲惨な事になる前に、、、、

 罪は罪、重罪であるのは間違い無い。
 しかし誰が彼を責められようか。


  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 岐阜県情報へ


スポンサーサイト
社会 | 21:44:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
となりのテロリスト 3
 先日起きた川崎の通り魔無差別テロにて思うことありきなので記します。

 まずは、被害に遭いお亡くなりになった方々のご冥福をお祈りし、怪我をされた方々には心よりお見舞い申し上げます。
 真性のゴミクズになって地獄に堕ちたであろう犯人については語りません、語るパワーが勿体無いので。

 ****

 最近事故にしろ事件にしろ、予想もしない方面から被害をこうむる事例がやたら多くないですか?
 アクセルが戻らなかったとほざく上級国民の老害や無理右折の女、そして今回の気違いもそうだし岡山や埼玉でも同様な事件があった。

 私の住む岐阜市でも、ここんとこ毎日毎日最低でも3件の不審者情報メールが入ってくる。
 つきまとい、声かけ、下半身露出とか、こんな田舎町でもホントおかしな連中の多いこと多いこと。

 保護者の方々や地域の協力者の方々が通学路に立って子供達を見守って頂いているけれど、その辺歩いてる人間が突如刃物を振り回し襲ってこられたり、車が暴走して突っ込まれてこられては、もうホント、どうしようもない、本当に防御しようがないですよ。
 見守ってる人々はスーパーマンや超能力者じゃないんですから。

 なのに世間は今更の如く「子供達の安全」の言葉のもと警備を強化したりなんだかんだとやってる。
 守って頂けるのはとても有難きことなのですが、果たしてそれが気違いに対してどれほどの抑止力になるのだろうかと疑問に思う。

 これ以上どうすればいいのでしょうかねほんと。
 極端なハナシ、子供らにサブマシンガンでも持たせて歩かせなきゃいけないレベルじゃないかと考えてしまいます。

 大げさですけどホントそう思いませんか? これだけわけのわからんヒトモドキがウロウロしてるんですからね。
 防犯ブザーなんか鳴らしたら、かえって逆上されて大きな被害受けるかもしれないんですよ?

 でもま、サブマシンガンは日本じゃ無理だし子供にゃ扱えないので、現実的に身を守るとすれば防弾チョッキとヘルメットだな。
 うむ、amazonで3千円くらいで売ってるやつで十分、コレ着てるだけでも少なくとも通り魔の気違いが襲ってきても多少は被害を食い止められるしぶつぶつぶつ・・・・・・
 

 ったく、なんでこんなにも物騒なことを考えなきゃいけないんだ!
 ほんとおかしな世の中になってしまったものです。

  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 岐阜県情報へ


社会 | 20:10:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
令和のグルメ 2
--- 前回の続き

 思えばラーメン屋なんて、「天下一品」除けば全くと言って良いほど訪れた事が無い。
 昔むかしの東京時代、偉そうな態度のラーメン屋にガチギレして以来、腕組んで店主が写真に映ってるような店は本能的に嫌悪してるのです。
 ああいう「喰わせてやる」的なイメージの店に対しては、断じて貴様の店なんか行くかボケと私は個人的に思ってます。

 まあ今回訪れたお店はそういう偉そうなイメージも無い、許す。
 しかし何だこの混雑、、、
 ちょうど昼飯時なので仕方ないとは思うけど、ラーメン屋で30人待ちとか信じられん。

 並ぶのが大嫌いな私、普通なら即断で帰ります。
 しかしあのおとなしい後輩の力説ぶりが頭をよぎり、「旨いからこんなに並んでいるんだ、仕方ない」と自分に言い聞かせ、ここはじっと耐えることにした。

 お客の層は意外と女性も多く、カップルで来てる人々も居る。
 ラーメン屋といえば、汗くさいむさ苦しい野郎の飯場みたいなイメージを持ってた私にとっては、ここまでカジュアルになってたイマドキのラーメン屋文化に軽くカルチャーショックを受ける。

 1時間近く待ってやっと席に着くことができた、よく耐えた、偉いオレ。
 さっそく後輩が一押ししてたナントカチャーシュー麺を注文。 
 ここまで待ったんだ、期待を裏切るでないぞ、どれどれ、、、

 うん、うんうん、ほおお、、こう来たか、、、
 太い麺に程よい濃さのスープが絡んで良い感じ。。
 このコクはさすがインスタントには無いなぁ、当たり前だけど。
 チャーシューも厚目でなかなか、、ほおお、脂身が溶けるやん。
 こんなチャーシュー初めて喰ったぞ、こりゃウマイや。

 頭の中で「孤独のグルメ」の主人公気取りながら完食。
 ああ旨かった。


 結論、人気のあるラーメン屋は、やっぱりそれに違わぬ旨さが有る。
 決して「これ一杯分でインスタント10食買えるなあ」などと思ってはいけない。たまにはこういう贅沢な冒険もするべきだ、うむ。

 家に帰るとニンニク臭で速攻でバレたため、次回は家族で行くことになりました。
 ひいいい、、ラーメン屋で5千円近くも遣えねーよ、、まじかよ、、
 冒険すべきと言っておきながら、みみっちい事で憂鬱になる春の日でした。

 長文お読みくださりありがとうございました。



  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 岐阜県情報へ


グルメかも | 20:05:58 | トラックバック(0) | コメント(0)
令和のグルメ
 家庭を持つと、気軽にできない行為のひとつに「外食」というのがあります。

 特に育ち盛りの子供を持つと結構大変で、「好きなもの注文せい、がっはっは!」とか余裕ぶっこきながら心の中でハラハラしてる自分が居ます。
 うむ、かつて私もガキの頃、遠慮なくナントカグリルとか高くて旨そうなものをガツガツ喰ってたのに、なぜか両親はこじんまりとした注文しかしなかったのを不思議に思ったが、そのオトナの事情が非常によく解りました。

 そんなわけで、うっかり変な店に入った時にゃ家族的にも家計的にも大惨事になるので、間違いの無い鉄板クラスの店しか行った事が無いのです、しかもファミレス。
 

 ある日のこと。
 職場にてラーメンのハナシをしてたら、普段真面目でおとなしい後輩Mくんが、
「Kさん家のそばにある○○! あそこは本っ当に美味しいですよ!! 絶対行ってみてください! マジでおススメですから!!」
と、見たこと無いほどの勢いで力強く進言してきた。
 彼にここまで言わせるなんて、どんな旨いラーメンなのだろうとずっと気にはなっていたのです。

 しかしたかがラーメン、されどラーメン、家族で行くと軽く五千円近く吹っ飛んでしまううえ、特にラーメンなどというジャンルでは当たり外れが大きいイメージしかない。
 なのでなかなか足を向けることができずにいました。

 しかし今日、図らずも独りで昼飯を喰う機会に恵まれたため思い切ってそのおススメの店に行くことにしたのです。
 独り外食なんてチョー久しぶりだ、ワクワク!

--- すみません続きます


  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 岐阜県情報へ


グルメかも | 21:53:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
メディアハラスメント マスゴミのクズ共へ
 令和初の記事なのですが、どうしても書かずには居られないためあえて書きます。
 非常に怒ってます、そして悪辣な文言を吐きます、おそらく今までにない最悪レベルの罵詈雑言になります。
 せっかくお読みいただいて嫌な気分にさせては忍びないのですが、こういう個人的な考えを世間に示すのがこのブログ本来の趣旨ゆえ、そのあたりご了承ください。

***


 もう「マスゴミ」などという言葉では生ぬるい。
 今日大津で起きた悲しい交通事故、犠牲になった幼い命、可哀想で可哀想で胸が張り裂けそうになります。

 キチンと歩道で信号待ってたのに。
 キチンと引率の先生方も子供達の安全を考えていたのに。
 キチンと子供達も言うことを聞いていただろうに。
 いい天気で楽しいお散歩になってたはずだろうに。。。

 不幸にもお亡くなりになった幼いお子さん達のご冥福を心よりお祈りいたします。

 なのに、、、なんだあの会見は!?
 まるで保育園側に責任があるような質問してたよなぁ?
 泣きじゃくる園長先生の辛く悲しい気持ちに塩を摺りこむようなことばかり言ってたよなぁ!? ええ?

 今日この会見で質問、つうか、嫌がらせしてた記者共よ、てめえらはマスメディアを笠に着る鬼畜生だ、人間じゃねえ、許せん、オレは絶対に許せん。 

 マスゴミを名乗り弱いものを虐め責め立てる畜生共め、いろんな嫌がらせ行為をハラスメントと言うならば、てめえらのしてることはメディアハラスメントだ!
 弱い者を「記者会見」なる公の場で晒し者にして、カメラの向いてない方向からイジメのような言葉を投げつける小賢しく汚ねえ外道共め。
 これこそ「ハラスメント」そのものだろうが!
 どうせ同じような嫌がらせするのなら、加害者に矛先向けろや!
 何で弱っている人の傷口をえぐるようなことばかりするんだテメエらは!

 そのくせこないだの池袋の暴走クソジジイの件はアレからピタリと報道が沈静化したよなぁ? 何か圧力でもかかったのか?
 やっぱ元「偉い人」や「圧力」や「権力」に対しては何も言えねーのかよ?
 テメエらが目の敵にしてるはずの「権力」にシッポ振るなんてなぁ、卑怯者という言葉がこれほど解りやすい例も無いよなぁ、ええ?


 何がジャーナリズムだ、何が報道だ。
 いつもいつも人の不幸を喜びそれでメシ食ってるゴミにも劣る腐れ外道どもが。
 どうかこのバカ野郎クズ記者共が不幸な目に遭うよう心の底から祈ります。

 乱文失礼!




怒ってます | 22:00:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ