FC2ブログ
 
■プロフィール

崖っぷちのK

Author:崖っぷちのK
アメブロから引っ越そうかなぁと思っている今日この頃です。
当面連動させてみます。

■最新記事
■あしあとツール

コメントめんどくさい人は足跡だけでも……

■ランキング

良いじゃん!と感じたら押してやってください。

しかし、こういうの上位だと何か良い事あるんすか?

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■Admin
粋がる屑
 今日は12月なのに汗が出る程暑かったので、その勢いで東名高速で煽った挙句追い越し車線で停めさせた屑が2人も犠牲者を出した事件について暑苦しく語ってみる。

 昔、私も同じような目に遭いました。

 当時カミさんが使ってた軽自動車で国道を走ってたら、後ろに居た頭の悪そ…いや、黒くキメたワゴン車が、何か知らんが追突しそうなほど接近してきたりライトをパッシングしてきたりしたので、抜かせようと路肩に停まってやり過ごすことにした。

 そしたらそのワゴン車も後ろに停まって、若い茶髪のニーちゃんがいきって降りてきた。

 
 はーぁ…なんかめんどくせー事になりそうやなぁ、、と、呆れ半分イラつき半分で車の中で待っていた。
 案の定窓をドンドン叩いてきて「降りろやゴラァ」みたいな勢いで来たので、仕方なく私は

「何か用ですか? アナタさっきから後ろで危ないでしょ」

みたいなことを普段滅多に見せない表情で、ぬぅっと降りながら凄んで、、いや、丁重にお伺いしたら、私の顔見るなり失礼な事にギョッとした顔をされて、逆に「いえ、すみませんでした」と謝られ、ろくに用事も告げず去って行った。

 こ ん な も ん で す よ 

 車で煽るバカってのは、自分より弱そうに見えたら粋がって、強い者には何も言わねえ気の小さなハッタリ野郎ばかりなんですよ。
 よく居ますよね、車乗ったら気が大きくなってブイブイ言わす奴。
 私から言わせてみれば「気の毒な人」で「哀れな人」ですわ。

 挙句、てめえの自己顕示で事故おこすなんて洒落にもならんっての。
 ましてやそんなくだらねえことで人を死なせるなんて言語道断であり、絶対絶対許されてはいけないと考えます。


 こんな頭の足りないゴリラみたいなクズの理不尽な行為でご両親を奪われたお子さん達が気の毒で気の毒で仕方ない。
 遺されたご家族の今後のご多幸をお祈りすると共に、煽ったこのクズにどうか極刑が下り地獄に堕ちますように。

  

  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 岐阜県情報へ


スポンサーサイト
社会 | 21:29:13 | トラックバック(0) | コメント(0)
家族
 本日の記事はタイトルから連想するような平和な内容ではなく非常に生々しい内容です、どうぞご注意ください。

---

 本日恐ろしい事件が宮崎で有りましたが、同日岐阜でも、自分の息子と妻を殺めたという家族絡みの事件がありました。
 自惚れながら、わりと岐阜周辺に私の正体を知る人が居るため、あえて炎上して晒し上げられるようなめんどくさい事は書きませんが、まぁ私の言いたい事、思う事を察して頂ければ幸いです。

 家族構成は、父親、母親、長男、長女。
 長男は引きこもりで長女は知的障害が有り、妻は寝たきり状態だそうで、将来を悲観した父親が事に及んだという、、、

 こんなこと書いといて何ですが、私はこの記事を読んで頂いているゲストの方々に逆に問いたい気持ちでいっぱいなんです。

 もし私が現在この父親の立場だと考えたら、あえてハッキリ言いますが私は「同情」します。
 言っておきますが決して決して人を殺める事など肯定する気は有りません。
 けれど同情してしまいます。
 もし私が裁判員裁判でこの事件の担当になったなら、物凄い温情判決を願ってしまうかもしれません。

 綺麗な話が大好きな人だと、きっと「何をケシカラン事を言ってるんだ! どんな状態であれ家族なんだぞ!」とお怒りになると思います。

 そう考える人に聞きたいです、
「自分がその立場だとして、皆をしっかり独りで支えて何年も生きて行けますか? 他人事だと思って無責任な正義を語ってませんか?」
とね。

 若かりし営業マンだった頃、とある病院を月に一度訪れる事がありました。
 そこは特殊な病棟で、ほとんどの患者さんはチューブやコードまみれで「目を開けているだけ」の人ばかりでした。
 そしてその患者さんを介護しているご家族ともお話をする機会がよくありました。
 月いちの訪問でしたので、居たはずの人が次の月に居なくなっていたりという状況も多々経験しました。

 私はそこを訪れ、ご家族のお話を伺うたびに、
「「生きる」って何だろう……」
と、重く神妙な気分になり、ずっと考え込んでいたのです。

 私は若い時から人の亡き様を多数見てきました。
 もちろん現場もね。

 それゆえ人生とか生命とかいう話には、若いくせに非常にナーバスになってた面が有り、現在もそれを未だに引きずっています。

 だから、今回の岐阜の事件で思うのです。
 犠牲になったこの家族の、「家族としての幸せな時間」って、何だったのだろうと。

 犠牲者の方々のご冥福をお祈りいたします。


  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 岐阜県情報へ



社会 | 21:50:59 | トラックバック(0) | コメント(0)
諸行無常
 まあその、、日産の偉い人がエライ事になった件についてですが。

 私がその速報を見た時、タイトルのごとくこの「諸行無常」という言葉が浮かんだ。

 何事も「絶対」というモノは無く、変わるべき時に変わるというか、変えるというか、、ううむ、適切な表現が思い浮かばない。
 経営再建の功績の裏には、トンデモナイ怨恨沙汰も有っただろうから、因果応報とでも言うべきか。

 ただ私が思うに、この人の存在が面白く無い連中が結束して、どうにかして引きずり降ろそうとじっくりと動いた結果で、金融ウンタラ違反なんて事案はただのキッカケに過ぎないということ。

 目的は、日産から「海外の実力者を追い出す事」に尽きると考える。

 しかし元はと言えば、旧経営陣が阿呆だったから海外資本に乗っ取られた訳で、職人や技術者や労働者は悪くないんだ。
 実際、日産のEVテクノロジはかなり秀でていますからね。
 先人から培ってきた「本物の技術」というものを、たった数人の「経営ゲーム」で潰しては絶対いかんのです。

 次にアタマ張る人、誰がなるか知らんけど大和魂見せなきゃいけないぜ、半端な事やってたらまた転落してしまいますぜ。
 私、乗ってるクルマはトヨタ車ですけど結構日産ファンなので、今後の展開に良い期待をしております。

 しかし、、修正申告とか無しでトップがいきなり逮捕とか、いち企業の不祥事で済まされない、日本全体の経済揺るがす大事件なんじゃないコレ?

 当分大混乱だろーな。。。
 でも性悪な私は何故かワクワクしてるのです、あはははは

  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 岐阜県情報へ
 


社会 | 06:55:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
秋の夜長に物思う
 先日のハロウィン乱痴気騒ぎで、ネズミランドが仕掛けたということで、ふと昔の事を思い出した。
 今から20年ほど前、25歳、地方中堅の旅行会社の東京支店に居た時のことです。
 当時からネズミランドツアーは大人気で、岐阜名古屋周辺から夜行バスで朝着いて楽しむという日帰りバスツアーが盛んでした。
 今はどうかしらんが、あの当時旅行会社でも前売りチケットというのは枚数制限があったんですよ。
 で、ほとんど毎日出発する会員募集バスツアーだから、その日によって当然集客人員も変わります。

 前売りチケットは高級ツアーに回されるので、安物バスツアーの入場券は添乗員が現地調達します。
 でもその添乗の手配すらつかぬクソ忙しい春休みとか夏休みとかどうするのさと言うと……

 我々東京支店の人間が、「朝早くから窓口に並んで団体当日券を調達してた」のです!

 岐阜地方を22時出発すると、人員の連絡が入ります。
 そこで人数を把握して、現金もってウチに帰ります。

 私は当時、ネズミランドからタクシーで10分の江戸川区葛西に住んでいました。
 なのでシーズンの3日に1回は、私自身夢から覚めきってないのに早朝5時から夢と魔法の国の入口で並んでました。

 そしてチケットを購入後バスが到着、楽しそうなお客様に
 「遠いところお疲れ様でした、どうぞごゆっくりお楽しみくださいね」
と、ニコニコしながらチケットを配布し、集合時間の案内をしてここでの職務は完了。

 その後JR舞浜駅から都心のオフィスへ通勤し、一気に現実へ戻ります。
 はっきり言って違う意味で私の精神が夢と魔法の国に行く寸前でした。

 そんなある日、姉弟らしき二人連れの片方の女性が私に声をかけてきた。

 「あの、ひょっとして、○○中学校だった○○くん?」
 「はい、そうですけど? (誰やこのケバイねーちゃん?)」
 「あー!やっぱそうやん!Kちゃんやん!」

 そんなこと言われてもきみは誰なんだ??
 孤独なおいらに女性の知り合いなぞそう居ないのだが…

 「あたしやてあたし、○○(女性の名前)!」

 なんと中学校二年生の時同じクラスだった不良ムスメだった。
 いやはや女性ってば、しばらく会わぬと全く雰囲気や顔が変わるものだねぇ。

 「うおー久しぶりやなー! わりい全くわからんかった!」

 「何、今この会社に居るの? 何しとんの?」
と、元不良ムスメが問うとわたしは
 「あんたらのために朝5時からここに居たんだがね、、お仕事だわ」
と、苦笑いで返す。

 

 他のお客さんの手前あまり砕けて話すのも何なので、バスから降りて解散後少し話をする。

 「しかしお前、雰囲気が全く変わったな、なんつうかおしとやかになったというか…」
 「当たり前やん、わたしマジメになったもん!」
 「自分で言うなと言いたいが、まあそらエエこっちゃ、今日は弟連れてきょうだい孝行か?」
 「弟? 弟じゃないって、子供! あたしの息子!」

 …ええと、、俺って今(当時)25だよな…
 で、コイツも同級生で同い年のはずだよな。。

 そっから先は何を話していたのか覚えが無い、ただ、触れちゃイカン何かがありそうな気がして究極に言葉を選んで話して、まぁお元気でという無難なあいさつで別れたのは覚えてる。
 そしてその日はなぜかずーっと「人生」について小難しい事を考えてました。

 何にせよ、この時私が東京に居ていろんな経験したのも「人生」
 この不良ムスメが若くして母親になったのも「人生」
 そんな私が現在二児の父親してるのも「人生」


 ホント、人生っていろいろあって素晴らしくて、時にはとても切なくて。

 ハロウィンの乱痴気騒ぎから一転、自分自身のしんみりした遠い思い出にふけった秋の夜……

  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 岐阜県情報へ







つれづれ | 23:22:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
ハロウィンなる下層乱痴気騒ぎ
 3年前の今日この場で、日本ではネズミランドが仕掛けたこのハロウィンなるイベントについてこう書いた。

  どうか夢と魔法の国のイベントのごとく楽しく過ごせますように。
  決して悪夢と無法の国になりませんように。

 いや、我ながら先見の明が有ったというか、思った通りの無法っぷりになって呆れるやらなんやらですわ。

 誤解して欲しく無いのは、私自身仮装して騒ぐことを否定してる訳では決して無いですよ。
 どちらかと言えば、いつも悪の手先みたいな外見に見られてる私ですので、せめてほんの一夜でもかっちょいい正義のヒーローのコスプレして街を堂々と闊歩したいですよええ。
 まぁたぶん浮きまくりな気がしますけどー、しくしく。

 ゴホン
 どっかのツイッタだかで騒いで喜んでる動画があったけど、もはやこんなのハロウィンでもないし仮装パーティーでもネェ。
 ただ鬱憤晴らしたい連中の「下層」大会だと断じてやるわ。

 騒いで満足するのは結局自分だけだ。
 何の社会貢献も生産性も無い、自己中心の極みだと考える。
 逆に非常に哀れみすら感じる、よっぽど普段一人じゃ何もできない人間なんだろうなこういう奴らって。。。

 まあ私情むき出しの批判はおいといて、綺麗事を申しあげる。

 少なくとも公道はイベント広場じゃない、公共の場だ。
 そんな場所で乱痴気騒ぎして住民に迷惑かけモノを破損させ、挙句はゴミだらけにする行為が許されるはずが無いだろが。
 ひと様に迷惑かけるような一夜限りの夢の世界求めるなら、おとなしく家で絵本でも読んで寝ろってんだ。

 何がハロウィンだバカバカしい、みっともネエったらありゃしねぇ。
 警察まで出動するほどの騒動になるのなら、見せしめでもっと何人か検挙してとっととやめちまえこんなの。
 
 オレはカボチャの煮物でも喰って暴徒共を嘲笑してやるわ。
 なんせノリの悪い石頭の田舎者ですからね、あーははははは


  にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 岐阜県情報へ


怒ってます | 20:12:46 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad